第一志望者入試について

本校第一志望者への優遇を制度化し、選抜方法を透明化するために2018年度より設けた入試制度です。事前課題では科学技術に対する興味・好奇心や探求心、さらには文字・図表による表現力を、作文では科学技術以外の分野への関心と文章力を、面接では言葉による表現力とコミュニケーション能力を審査します。

[1]入試概要

科学技術に高い関心を持ち、本校で学ぶ意欲が特に高い受験生を対象として、事前課題と面接・作文で選考を行う入試です。

[2]受験資格(A〜Cのすべてを満たす者)

  • 本校の第1回から第3回までの通常入試に複数回同時に申し込み、第一志望者入試に出願(エントリー)した者

  • 通常入試で不合格になったが、得点が複数回共に合格最低点に近かった者

  • 事前課題の内容が優れている者

[3]第一志望者入試の注意事項

  • 出願は、第1回から第3回入試を複数回同時出願する際に、同時に申し込まなければなりません(後日の追加申込は不可)
    ※エントリー時点では、第一志望者入試の分の受験料はいただきません

  • 課題を郵送で提出していただきます。課題は10月28日(日)の中学説明会およびそれ以降の学校ホームページで発表します。

  • 提出用課題シートは10月28日(日)以降の説明会及び本校事務室受付にて配付いたします。

  • 2月4日(月)の第3回入試の合格発表後、第一志望者入試を受験できる対象者に対して、電話で個別に連絡します。
    ※制度の趣旨から、受験者は本校を第一希望とする者に限ります。本入試合格後の入学辞退はできませんのでご了承ください。

  • 試験内容は、作文(50分)・面接(20分・受験生のみ)です。