国内教育旅行(南コース)

北九州グループ(福岡大宰府と長崎、福江島)と南九州グループ(屋久島と鹿児島)のどちらか一方を選択して体験旅行をします。両地域とも巨大都市東京とは違った地域環境で、旅行では自然と風土、歴史と文化産業の有様などについて実体験します。
毎日の生活の中で忘れてしまったり、記憶の片隅に追いやってしまったりした知識や体験を、五感をフルに使って呼び覚まし、もう一度改めて考える機会にしてくれる貴重なプログラムがバランスよく盛り込まれています。それぞれのコースに共通するキーワードは“戦争と平和”、“自然と環境”、“歴史と文化”です。

南コース
南コースは、まず鹿児島に飛び、県南にある知覧特攻平和会館を訪ねます。戦争の悲惨さと平和の尊さを学習します。 夜には指宿名物の砂風呂に入ります。
2日目には世界自然遺産の島、屋久島で屋久杉の生態について学んだ後、トレッキングを行います。足場の悪い岩場や狭い山道を登り、川を渡って、有名な「もののけの森」を経由します。
3日目以降には鹿児島に移動して、「桜島」活火山を見学し、鹿児島市内で班別の自主研修を行います。維新ふるさと館や水族館、などを訪れ、鹿児島の歴史や文化、生活を学習します。