言語教育

ことばは人との繋がりを築く ことばは思考と論理の基礎

日本語の使い方を訓練し、英語を道具として学ぶ

男子の苦手な言語分野。コトバを通じた自己表現を鍛える。

男子はことばでの説明を厭う傾向があります。特に低学年では語彙も少ないため、ことばで説明することは男子にとって心理的にも技術的にも簡単ではありません。そこで体系化されたプログラムによる練習が効果的です。本校では中学1・2年次に、言語技術教育の手法を取り入れた「ランゲージアワー」の時間を設定。読む・書く・聞く・話すの4技能を鍛えます。日本語もまた、練習によって上手になるのです。

ランゲージアワー(中1・中2)英語総合(中1・中2)
海外教育旅行[アメリカ](中3全員)中国語・韓国語講座(中3~高2希望者)
話し方講座(中3・高1希望者)ニュージーランドホームステイ(高1希望者)

中1・中2ランゲージアワー

「言葉を操る」技術を身につける

ランゲージアワーランゲージアワー

「ランゲージアワー」では2年間をかけて、言葉を操るトレーニングを行います。「論理力・伝達力・分析力」を柱に、基本的な技術を身につけるとともに、社会で自立していくために必要な論理的思考力や批判的思考力を育成することを目的としています。
この授業では、意見とその理由や根拠を明確にすることが求められます。与えられたテーマに対し、はじめに結論を披露してから、その理由・根拠を解説する発言形式に生徒たちは戸惑うことが多いものの、すぐに慣れて活発に意見を交わすことができるようになります。
授業は、話し合いを中心に展開。最後に話し合った内容を作文にまとめます。考えをまとめて話すだけでなく、書くことによって、文章力、そして小論文のスキルも身につきます。

 

※ランゲージアワーの授業は「つくば言語技術教育研究所」の指導に基づいて実施しています。

ランゲージアワー(テーマ例)

問答ゲーム「結論を言ってから理由を説明する」という論理的な形式を、ゲームの形を通して身につけます。言語技術のベースとなる力を鍛えます。
論証自分自身の意見や解釈を論理的に伝えるだけでなく、相手の意見を分析、ときには反論して、よりよい意見を探求します。問答ゲームで培ったスキルを応用して、最終的には小論文やディベートにつなげていきます。
再話教員が読み上げた物語を、基になるテキストを見ずに書き起こします。要点をとらえながら聞く力、論理的な文章構成力を養います。
絵の分析何を描いた絵か、人物が何をしているかなどを、絵に描かれていることを根拠に分析します。根拠が明確であれば、答えは無数。観察力や分析力を磨きます。

中1・中2英語総合

少人数クラスで、多様な角度から英語を学ぶ

英語総合

将来、国際人として多方面で活躍できる人材の育成を目指したカリキュラムが組まれています。授業は、ネイティブ教員とバイリンガル日本人教員によって行われます。単なるチームティーチングとは異なり、毎回クラスを2つに分けて実施。少人数で英語を学ぶことができるため、教員との距離も近く、通常の英語の教科書にはないさまざまな活動・きめ細やかな指導が可能となります。

英語検定/TOEIC受検を奨励しています

中学では英単語コンテストを年5回実施し、優秀者の表彰を行うなど学習意欲の向上に努めています。また中学1年生から高校1年生までは英検を、高校2・3年生ではTOEICの受検を推奨。英検ではインタビュー試験対策なども行い、準2級合格を目指します。

中3全員海外教育旅行(アメリカ)

外国の家族との交流を通じ、大きく成長する

海外教育旅行(アメリカ)海外教育旅行(アメリカ)

ユタ州のソルトレイク・セントジョージ、ワシントン州のシアトルの3都市から1都市を選び、ホームステイと現地大学での英語授業(ESL)を体験します。生きた英語の体験に、さまざまなアクティビティも計画されています。
旅行の目的は異文化体験にあります。異なった生活から生まれた文化と接し、日本では体験できなかった世界を知り、ひとまわり大きく成長します。
外国の家族とファミリーになることを通じて、世界平和に貢献でき、世界を相手にできる人物となるきっかけにつながることを期待しています。

ユタ州ソルトレイク
ユタ州ソルトレイク

市内の各家庭にホームステイし、州立ユタ大学に通い、生徒個々の能力に合わせて数段階に編成されたクラスで英語研修を受講します。期間中には、市内の学校に1日体験入学するなど、さまざまなメニューがあります。

ユタ州セントジョージ
ユタ州セントジョージ

市内の各家庭にホームステイし、デキシーステイトカレッジで語学研修を受けます。このコースはフィールドワークが充実しており、ブライスキャニオン、ザイオン国立公園を訪れ、沢登りなども楽しみます。現地校への1日体験入学もあります。

ワシントン州シアトル
ワシントン州シアトル

市内の各家庭にホームステイし、ワシントン大学で語学研修を受けます。他の2コースとの大きな違いは、大学までバスを乗り継いで通う点。日常生活に英語を使う機会を多く設けています。現地校への1日体験入学は、2校に分かれて行います。

中3~高2希望者中国語・韓国語講座

ネイティブ講師による教養講座

ネイティブ講師による教養講座

希望者を対象とした第二外国語講座を設けています。中国語と韓国語の講座があり、いずれもネイティブ講師が指導にあたります。
旅行などで使える日常的な会話が中心となるため、楽しく気軽に学ぶことができます。また、継続して勉強できるよう、中級クラスも用意しています。

中3・高1希望者話し方講座

論理的に、簡潔に自分の考えを伝える

スピーチのテクニックだけでなく人間力も高める独自講座

「人前で堂々と自分の考えを確実に伝える話力、真の国際人としてふるまう態度、人間関係を円滑にする聞く力」を育成します。プログラムは企業や大学などでも採用されているもので、高い評価を得ています。外部のプロ講師陣による巧みな進行で、始めは恥ずかしがっていた生徒も、最後には堂々たる発表を行います。

高1希望者ニュージーランドホームステイ

ホームステイ・語学研修を通じた異文化体験

ホームステイ・語学研修を通じた異文化体験

世界で最も安全な国の一つと言われるニュージーランドで、異文化体験を通して活きた英語と出会います。
高校1年生の希望者を対象に、夏期期間中に2週間の研修旅行を実施します。午前中は、科学技術を題材にした英語研修に参加。午後は現地校の授業への参加や、美しい都市と豊かな自然の中での多彩なアクティビティが用意されています。ホームステイは一人一家庭で、英会話の能力が格段に進歩します。

  • 希望者が一定数に満たない場合は、実施されないこともあります。