家庭科

教科目標と指導方針

毎日の生活を主体的に考え、実践する。
能動的な「生活者」として自立できるようにする。

基本方針

世の中で起こっていることが人ごとではなく、波紋のように広がって自身にふりかかって来ることを、日常を通して学ばせる。

1学年の指導内容

1学期2学期3学期
講義自分らしく着る・快適に着る快適に住まう
生活を豊かにする物をつくる
私の成長と家族
実習カイロケース制作おかしづくり

2学年の指導内容

1学期2学期3学期
講義健康と食生活食品の選択と保存身近な消費生活と環境
実習調理基礎

4学年の指導内容

教室での講義と実習室での調理実習を実施

1学期2学期3学期
講義私たちの暮らしと食生活
食生活の課題
栄養素とその働き
食品の安全・衛生
実習和風料理洋風料理中国風料理

5学年の指導内容

教室での講義と実習室での調理実習を実施

1学期2学期3学期
講義ライフサイクルと家族
生活を設計する
子どもの生活と保育・福祉
高齢者の生活と福祉
消費生活と環境問題
実習和風料理中国風料理洋風料理