芝浦工大附属高 スクールガイド2021
9/24

3年生Arts and Tech GⅢの授業内容Arts and Tech GⅢGⅢでは、大学でも講師を務め、科研費などの競争的資金の採択件数も多い岩田教諭から、最初に研究とは何か、をはじめ研究計画書やテクニカル・ライティング、アカデミック・ライティング、志望理由書、自己PR文、プレゼンテーション技法について講義を受けました。とりわけ1学期は、理工系大学入学後を見据えた準備教育的な内容になっています。芝浦工業大学とも連携し、実際に大学入学の際に説明される卒業単位とは?履修とは?成績やGPAとは?など高校と大学の違いを解説してくれます。File1理工系大学入学前の準備教育File3デザイン思考File2工学とは何かFile4PBLある課題をグループになった生徒らに与え、デザイン思考の5つのステップに沿って授業が進行されます。Empathize → Define → Idea → Prototype → Testとものづくりを進める上で、このサイクルを回し、実際に商品を使っているユーザーの気持ちに沿った革新的な新商品を産むプロセスを知ることで、イノベーションの創出こそが大切だと学びました。AATの集大成としてPBLを取り入れた問題解決型学習を実践しました。「学校で快適さを保ちつつエネルギー(電気)消費を減らすには?」「芝浦の運動部をもっと活発にするには?」「カフェテリアと売店の売り上げをどう上げるか?」など9つの課題をグループで取り組み、デザイン思考の手法を用いて改善策を提案・発表しました。岩田教諭は、大学院時代に設計工学を専門に研究をしていたこともあり、技術者倫理を重視した学習をした後、研究の進め方や研究論文の書き方、競争的資金の申請書において教諭自身の過去の採択・不採択された実例を示しながらの授業は印象的でした。さらに統計処理、工学的測定法、強度設計計算についても学びました。ANSWER208SHIBAURA INSTITUTE OF TECHNOLOGY SENIOR HIGH SCHOOL 2021ANSWER2_ARTS AND TECH

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る