芝浦工大附属中 スクールガイド2021
43/48

■ 防災・防犯対策について地盤・土壌本校の敷地にはかつて発電所の巨大な建物があったほどの強固な地盤です。基礎杭は地下数十メートルの支持基盤に達しており盤石です。また校地は電力会社の元所有地であり、その周辺とは異なります。環境基準を上回る汚染物質は検出されていませんのでご安心ください。津波対策豊洲埠頭は、荒川標準水面よりも6.8m高い護岸で守られています。新校舎はさらに高い、水面上8mの土地に建設されています。地震対策建物規模および用途にふさわしい耐震構造です。非常事態発生時には地域の避難所としても対応可能な防災設備を備えています。防犯体制校門に守衛が常駐。さらに電子的なセキュリティや防犯カメラなどを設置し、安全なキャンパスをつくります。非常事態発生時には全校生徒が3日間寝泊まりできる防災備品を常備しています。また、非常用発電装置もあり、数日間の停電にも対応することができます。■ エスタブについてShibaura-TabletPC 愛称S-Tab本校では新校舎の全館Wi-Fi環境を生かした能動的な学び、生徒の自発的な学習を促す目的で、キーボード付きのタブレットPCを入学時に購入いただいています。本校の教育に必要な環境を追加し、不必要なソフトは除くなどして、低価格ながら非常に高いパフォーマンスを出せるようチューニング済みです。Q&A学校生活に関するQ&AQ&AQお昼にカフェテリアは使えますか?中学1年生はホームルームで昼食をとります。カフェテリアが使えるのは中学3年生からですが、カフェテリアで販売しているお弁当やスナックは購入することができます。また中学1・2年生は、クラス全員でカフェテリアの定食を食べる一斉昼食(ランチデー)が年間6回あります。Q生活指導について服装・頭髪などの見だしなみと、遅刻・提出物などの生活習慣については厳しく指導しています。特に中学生では、時間を守る(5分前行動)、挨拶の励行、人への感謝と謝罪を徹底しています。Q携帯電話の所持・持ち込みは可能ですか?スマートフォンを含めた携帯電話の持ち込みについては、東日本大震災以後、通学途中の通信手段確保の意味から許可しています。ただし、校内使用禁止のほか、校外にも使用禁止範囲を定めており、これに違反すれば没収となり、保護者の方に来校いただき返却します。特にスマートフォンについては、長時間のゲームやSNSが勉強だけでなくさまざまな体験の機会と時間を奪っている現状から、中学入学時での購入については家庭内でルールを作るなど慎重な対応をお願いしています。Qいじめへの対応は?本校でもいじめは起こりうるという意識で、いじめ防止対策推進法に則って指導をしています。具体的には毎学期に実施する学年アンケートや、年に一度の学校アンケートを実施しています。中高生の特性として、生徒同士のトラブルはあります。対人トラブルは「発生するもの」だと考え、日頃から生徒の様子に注意を払い、いじめの兆候があれば早期発見・解決に導けるよう努めています。また、最近はSNS関連のトラブルが増えてきています。本校ではSNSに限らず、生徒たちを取り巻く現代社会のリスクについて、外部講師などを招いて講演を行っています。Q緊急時の連絡体制はどうなっていますか?災害や事件、事故などの緊急事態が発生した場合は、①本校ホームページ ②一斉情報配信システムを使って速やかに保護者の皆様へご連絡いたします。一斉情報配信システムは、入学時に保護者の皆様にご登録していただくもので、緊急連絡に限らず、行事などの連絡の際にも活用しています。学校生活に関するQ&AはWEBサイトをチェック!42

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る