芝浦工大附属中 スクールガイド2021
6/48

STEAM教育「実学としての工学教育の基礎を学ぶ」ことを教育目標とし、デザイン思考という最先端の教育手法を取り入れることで、生徒自らが問題を発見し解決でき、創造性と社会性、さらに技術者倫理を備えた将来のエンジニアを育てることを目的とした教育プログラムです。<Program例>・ STEAMプロジェクト(複数教科との横断型授業、STHとの連動授業)・ SIT 7プロジェクト(芝浦工業大学の7つの学問領域を体感的に学習)・ ROBOTプロジェクト(ロボット制御のプログラミングで課題解決型授業)・ Applicationプロジェクト(プログラミングを用いたアプリ開発)・ Design Thinkingプロジェクト(デザイン思考を取り入れたものづくり開発)IT技術を駆使した問題解決型授業モノ・コトづくりとデザイン思考本校のデザイン思考を取り入れたプロジェクト学習は、「人の役に立つためのものづくり」の思考プロセスを育成するプログラムです。本来、理工学では、多くの人たちの生活に強い影響を与えるような研究開発がなされています。一方、現代社会では、対象にコミットメントしたものづくりも求められます。つまり「本当にユーザーが欲しいモノ」を創り出すチカラです。ITは、その思考プロセスから実体化までを体験的に学ぶことで、必要な知識と技術を習得できる教育プログラムです。今、STEAM教育が注目されています。これからの社会に新たな技術革新を巻き起こす、高度人材育成のためのキーワードです。芝浦工業大学附属中学高等学校がこれまで続けてきた教育は、そのままSTEAM教育です。本校教育の先進性と重要性に時代が追いついてきました。芝浦だからできる、芝浦しかできない教育がここにあります。本校のSTEAM教育2.ITInformation TechnologyArts感性を磨き、「創りこむ」を体感。Mathematics数学は、理系の共通言語。Science自然の事象に対して「なぜ」を考える。科学の原点。Technology科学をどう応用するか、便利を考える発想。Engineeringものづくりの楽しさを発見。P.15へ理工系教育実践的なSTEAM教育P.17へ大学連携教育05

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る