6年間の教育の流れ

社会での目的意識を育む一貫教育

本校では、大学進学後、さらにその先の社会とのつながりを見据えた一貫教育を行っています。6年間を2年ごとの3期で捉え、各段階にふさわしい学習指導・キャリア教育をプログラムすることで、社会で活躍する強い意志と、それを実現するために必要な力の両輪を備えた人材を育成します。中学1年・2年生は入門期。学力は基礎を、進路面では大学との連携のもと、「ものづくり」の楽しさに触れることをテーマとしています。中学3年・高校1年生は発展期。中学から高校への橋渡しを途切れなく指導するとともに、多彩な体験・高度な内容に取り組む特別授業等を通じて、進路を見つめる時間を多く取り入れます。高校2年・3年生は自立期。理工系教育・高大連携ともに、さらに高度な内容に踏み込み、定めた進路目標に必要な学力と社会で活躍できる実践力を身につけていきます。

中学教育課程表(授業時間数)

中学で高校段階の学習内容を先取りするのは数学と国語の古典・文法です。数学は中学に比べて高校の学習内容量が非常に多く、また難解になってくるため、なるべく高校の学習内容に時間をかけて授業を行いたいと考えているからです。古典では多くの作品に触れ、日本文化への理解と言語学習の深まりへ導きます。両教科とも早い段階で高校課程までの学習範囲を終わらせることにより、他大学受験対策の時間を確保することもできます。
その他の科目は、時間をかけて急がずに授業を行っています。主要5教科だけに時間をかけるのではなく、バランスのとれた人格を形成するために体育、技術・家庭、音楽・美術の各科目もしっかりと教えます。

1年生

2年生

3年生

国語

4

4

4

数学

4

4

4

社会

4

4

4

理科

4

4

4

外国語

4

4

4

保健体育 3 3 3

技術・家庭

2

2

1

音楽

1

1

1

美術

1

1

1

言語技術(道徳)

1

1

-

書写 1 1 -

SD

2

2

3

サイエンス・テクノロジーアワー - - 1

SHIBAURA探究

IT

1

1

1

GC

1

1

1

ホームルーム 1 1 1

道徳

- - 1