言語教育

ことばは思考と論理の基礎


コミュニケーションの根幹となる日本語・英語と
新たな可能性を生むコンピューター言語を早期に学ぶ

グローバル教育とは、グローバル社会で活躍できる力を身につけるための教育を意味します。そのためには英語スキルだけでは不十分。論理的な日本語によるコミュニケーション力がまず必要です。さらに理系・文系を問わず、これからの社会ではプログラミング能力が将来を大きく左右します。


【日本語】

日本語も4技能を鍛えれば、人とつながる力が育ちます。豊富な対話と発表の機会が成長を助けます。

●ランゲージアワー ●話し方講座 など


【英語】

コミュニケーション重視の英語教育と、多くの海外体験の機会で、世界のどこででも活躍できる力を育てます。

●英語SUPERコース ●プレゼンテーションコンテスト など


【コンピューター言語】

ソフトウェア開発の仕組みがわかれば、新しいモノとサービスを開発する発想が生まれます。

●Ruby、C、HTML ●レゴマインドストーム、ドローンを使ったロボット制御

言葉は思考と論理の基礎だから私たちは大切にします

低学年の生徒は語彙も少ないため、言葉で説明することが簡単ではありません。 そこで本校では、中学1・2年次に言語技術教育の手法を取り入れた「ランゲージアワー」の時間を設定。読む・書く・聞く・話すの4技能を鍛えます。

ランゲージアワー(言語技術教育)[中学1年生・中学2年生]

「論理力・伝達力・分析力」を柱に、言葉を操る技術を訓練

「どう思う」や「どうして」という問いに対しても、ルールや型を決めておけば表現がしやすくなります。初めは「なんとなく……」などと答えていた生徒も、次第に論理的な話の構成を意識するようになります。また書くことにも力を入れ、文章力を育成します。

※ランゲージアワーは「つくば言語技術教育研究所」の指導に基づいて実施しています

[実施例]問答ゲーム

「結論を言ってから理由を説明する」という論理的な形式をゲームの形を通して身につけます。言語技術のベースとなる力を鍛えます。

[実施例]再話

教員が読み上げた物語を、聞きながらとったメモを頼りに書き起こします。要点をとらえる力、論理的な文章構成力を養います。

[実施例]情報伝達

たくさんある情報を、相手にわかりやすく伝えるための方法を検討していきます。情報を分類・整理する力、全体から部分へというわかりやすい説明を仕方を学びます。

[実施例]絵の分析

何を描いた絵か、人物が何をしているかなどを、描かれた内容を根拠に分析します。根拠が明確であれば答えは無数。観察力や分析力を磨きます。

話し方講座[中学3年生・高校1年生希望者]

論理的に、簡潔に自分の考えを伝える

「人前で堂々と自分の考えを確実に伝える話力、真の国際人としてふるまう態度、人間関係を円滑にする聞く力」を育成します。外部のプロ講師陣による巧みな進行で、初めは恥ずかしがっていた生徒も、最後には堂々たる発表を行います。