海外教育旅行現地レポート

ユタ州 ソルトレイクシティ 3~7日目
2014.09.11[ソルトレイクシティ]

9月6・7日(土・日)

ホストファミリーと過ごす週末

教会に行って信仰の姿に接したり、近くの山にハイキングに行ったり、巨大モールで食事をしたり…。日本食材を探してカレーライスや味噌汁を作ってごちそうした生徒もいました。夜、生徒の寝顔を照らす仲秋の名月が、とてもきれいな週末でした。(?脚色)


9月8日(月)

英語研修・ティンパノーガス登山と鍾乳洞見学

「週末どこ行った?」にぎやかな月曜の朝です。英語授業にも慣れてきました。午後はティンパノーガスへ。1時間以上の急斜面登山は苦しく、それゆえにこそ山上からの壮大な景色に接した時の爽快感と達成感は最高でした。鍾乳洞は奥深く、まさに自然の神秘。男子、大満足の1日でした。
P・S…下山した瞬間に雷鳴が轟き、車軸を流す大雨になりました。We are fortunate!


9月9日(火)

ニブリ・パーク・スクール訪問

現地中学校に1日おじゃましました。幼・小・中一貫校です。現地生徒たちは素直でとても礼儀正しい。「ペアは女の子がいい」「男子の方がいい」 はてさて期待通りにいったかな?孔子さまも思わず微笑む、男女席を同じうしての楽しく、ちょっぴり恥ずかしそうな授業風景でした。午後の交流会もにぎやかに大成功。「もう少しいたいなあ…」後ろ髪をひかれながらのお別れ写真を1枚。(ニブリ生徒と芝浦生徒が一体になった瞬間です)


9月10日(水)

英語研修・アメリカンフットボール場見学・科学体験orスポーツ体験

「超ハッピー!アメリカがこんなに楽しいとは思わなかった」体は疲れてきていても、笑顔は輝いています。午後は全米屈指のアメフトユタ大学チームの本拠地スタジアムへ。グランドを20分間使うことを許されて、駆け回りボールを投げて…、生徒たちも大興奮。その後二つに分かれての体験。一つは科学体験チーム。FFL(レゴロボット競技大会)の機材を使って、先生の指導のもとでレゴロボットを作って動かしました。工学好き生徒の本領発揮の場面でした。もう一つはスポーツ体験チーム。大学のスタッフが混じってのサッカー練習とゲーム。運よく、全米有数のユタ大学女子代表チームの練習も見学できました。(サッカー技術の高さと美貌(?)に大喜びでした)