海外教育旅行現地レポート

ワシントン州 シアトル 4〜7日目
2013.09.13[シアトル]

9月8日(日)

シアトルマリナーズ試合観戦

昨日は、ホストファミリーと過ごす1日でした。それぞれ、ホストファミリーと出かけたり、家で過ごしたりと楽しく過ごせたようです。本日は、マリナーズの観戦に行きました。学校に集合し、バスで移動。球場に入る前に「宇和島屋」という日本食・日本製品があるお店に行き昼食を購入。アメリカ4日目、日本のお茶を買いだめしている生徒もいました。球場に入り、持って行った横断幕を広げて、観戦しました。試合開始のアメリカ国家斉唱、7回の「Take Me Out to the Ball Game」を歌い、野球を通してアメリカでしかできない体験をすることができました。


9月9日(月)

ボーイング工場見学

本日からバス通学スタート。全員が時間通りに無事登校することができました。午前中は、英語の授業を行い、午後からボーイング社の見学に行きました。見学ツアーに参加し世界最大の飛行機組立工場に入り、飛行機の製造過程を見ることができました。見る物全てが大きく飛行機が作られるすごさを感じることができました。


9月10日(火)

Contact Exercise at Green Lake

午前中はワシントン大学の学生によるScience of Illusionの授業。脳神経科学の体験型授業で、脳から腕の筋肉に伝わる電流の大きさをパソコン上で競う「バーチャル腕相撲」などが行われました。夢中で取り組む生徒たちを見て、講座を企画した学生たちも皆安堵した様子でした。

午後はGreen Lakeへ行き、湖畔を訪れている地元の方々に英語でインタビューするContact Exerciseに挑戦。気後れすることなく声をかけていく生徒が多く、その姿が頼もしく見えました。その後は青空の下、ワシントン大学のスタッフとスポーツで汗を流しました。久々の運動で相当興奮したのか、帰路のバス内では心地よい疲れに熟睡モードの生徒も。


9月11日(水)

Ride the Duck Tour

午前中の英会話研修では、こちらでお世話になっている方々へのThank you cardの書き方を教わりました。また、明日訪れるレイニア山に関する予備知識や、13日と16日に予定している現地校訪問を想定した英語表現も学びました。

午後は水陸両用車(the Duck)に乗り、陽気なガイドさんのコミカルな演出の下、ダウンタウン巡りとユニオン湖クルージングに出かけました。